お問い合わせ

menu

役員情報

理事長挨拶

松田雅弘

2021年4月に一般社団法人 日本支援工学理学療法学会の理事長に拝命を受けました松田雅弘(ただみつ)です。日本理学療法士学会の分科学会の1つであった日本支援工学理学療法学会のときより運営幹事としても長く活動をしてきました。初代理事長に就任したことへの責任の重さを感じますが、支援工学理学療法の発展とそれにともなう国民の生活の豊かの増進に向けて、リーダーシップをとっていきます。日本支援工学理学療法学会の活動内容と今後の進むべき方向性について説明していきます。
世界の医療テクノロジーは急速に発展しており、スマートフォンやタブレットなどのICT端末利用が増えたことによって人工知能(AI)やICT技術の発展、またロボティクスの開発や臨床応用の流れも広がっています。2020年には運動量増加機器加算にともなって、臨床的なロボットの運用が本格化され、現場では介護ロボットの普及によって対象者と支援者の支援にもロボットが使用され、医療・福祉分野における変革が起きています。また、装具、義肢、車いす、福祉用具などの活用に関して、理学療法士が必要な知識・技術であり、適切な評価、調整、使いこなすための運動療法や動作指導によって対象者の活動の増大に寄与しています。このように、総合的に対象者の生活を支援する力を支援工学理学療法は持っています。今後の支援工学理学療法の発展のために、これらの支援機器の開発、普及・推進だけでなく、効果的な活用方法に関する研究にも取り組んでいきます。さらには、基本的な理学療法技術である装具などの適切な支援機器の運用を円滑に実施できるように、学術支援を行っていきます。

法人格を取得したことで国民や理学療法士の会員から信頼のある組織として充実させ、社会的信用を得る必要があります。疾患に関わらず、かつ急性期から生活期へと横断的な領域である支援工学理学療法の発展のためには、他学会また多職種との協働・連携が必須となります。生活を支援する私たちの学会は、より社会貢献につながる事業の発展が期待されています。機能回復だけでなく、より対象者の生活を豊かにするための支援が日本支援工学理学療法学会の発展にともなって、多くの理学療法士が提供できるように、本学会が主導して学術・研究活動を推進していきます。

役員紹介

理事長

松田 雅弘 : 順天堂大学

副理事長

河添 竜志郎 : (株)くますま
宮原 拓也 : 上尾中央医療専門学校

理事

遠藤 正英  :桜十字グループ福岡事業本部
鈴木 英樹  :北のくらしと地域ケア研究所
中野 克己  :日本保健医療大学 保健医療学部
白銀 暁   :国立障害者リハビリテーションセンター研究所
春名 弘一  :北海道科学大学
栄 健一郎  :適寿リハビリテーション病院
小原 謙一  :川崎医療福祉大学
長倉 裕二  :大阪人間科学大学
杉山 真理  :東京保健医療専門職大学
高木 治雄  :医療法人慧明会 貞松病院
豊田 輝   :帝京科学大学
森田 智之  :神奈川リハビリテーション病院

監事

大峯 三郎 : 九州栄養福祉大学

評議員

新小田 幸一 :元 広島大学大学院医歯薬保健学研究科
梅田 信吾  :社会福祉法人 クピド・フェア
大垣 昌之  :社会医療法人愛仁会 愛仁会リハビリテーション病院
安田 和弘  :早稲田大学
玉利 誠   :国際医療福祉大学大学院
増田 知子  :千里リハビリテーション病院
中谷 知生  :医療法人尚和会 宝塚リハビリテーション病院
今村 純平  :医療法人かぶとやま会 久留米リハビリテーション病院
梅澤 慎吾  :公益財団法人鉄道弘済会 義肢装具サポートセンター
中村 学   :済生会東神奈川リハビリテーション病院
楠本 泰士  :福島県立医科大学
廣島 拓也  :医療法人社団苑田会花はたリハビリテーション病院
栗田 慎也  :東京都保健医療公社 荏原病院
久保田 勝徳 :医療法人福岡桜十字 桜十字福岡病院
川﨑 恭太郎 :医療法人福岡桜十字 桜十字福岡病院
原 和彦   :埼玉県立大学
藤田 大介  :川崎医療福祉大学
島谷 康司  :公立大学法人県立広島大学
齋藤 恒一  :鈴鹿医療科学大学
宮坂 智哉  :北海道科学大学
小山 総市朗 :藤田医科大学
西川 裕一  :金沢大学

規則・規程類